モンテカルロ法を用いた遮へい計算を主に行います。